• Title:冬のエピローグ
  • Artist:Goose house
  • Album:光るなら
  • Karaoke:5★Download Synchronous LRC lyric
  • Remark:
  • Uploador:hosea.hcj
  • TXT Lyric:

    You would like to use powerful AutoLyric software to search and download the synchronous LRC lyrics automatically.

    淡い 雪のように ふわりと落ちてく
    涙の 奧に きみと 見ていたはずの永遠
    二度目の冬が 來て 遠ざかっても 胸を焦がす 思い出
    降り つもる だけ の エピローグ
    冬のエピローグ
    album:光るなら
    唄:Goose house

    つめたい 窓に 六つの花
    靜けさ に 映える 雪の音 は
    ずっと 続く と思ってた
    あの やさしい 日々 の 続き を見せて くれる
    攜帯 の著信
    誰 といても
    浮かぶ のは きみ の顔
    嫌い になろうと ダメ なところを 書き出そうとしても
    愛しい 記憶 が 隠せない
    淡い雪 のように ふわり と落ちてく
    涙 の 奧に きみと 見ていた はずの永遠
    二度目 の 冬が來て 遠ざかっても
    胸を焦がす 思い出
    降りつもる だけ の エピローグ
    川 沿いの道 手をつなぎ
    ふたり して 歌って 歩いた
    きみ が 好き だった メロディ
    今 なら泣かずに きっと口ずさめるよ
    くしゃみや 仕草まで 似ていたよね
    臆病 だった 愛も
    あの冬 の日 から 読みかけのページ 真っ白 な栞
    捨てたら もう會えない 気がして
    抱きしめられた夜 重ねた 約束 笑い泣いた日々
    言葉 よりも 確かな 記憶
    きみが 消えないんだ 好きになるのは 一瞬だったのに
    色褪せてもな お戀しくて
    どうか 笑っていて 忘れないでいて
    冬の空に 拭え ない 気持ち をあずけて
    こんなにも 誰かを 愛せた 事を しあわせに思える
    終わり の いらない エピローグ
    淡い雪のように ふわりと落ちてく
    涙の 奧に きみと 見ていた はずの永遠
    二度目の冬 が來て 遠ざかっても 胸を焦がす思い出
    降り つもる だけ の エピローグ
    おわり
    +hcj